FINE ANTIQUES & COLLECTIBLES | VINTAGE GOODS & ACCESSORIES | FOR LADIES GENTLEMEN & HOME

[Antique Silhouette Portrait Print Framed I] アンティーク シルエット ポートレート プリント I

19世紀後半のものと思われる、人物の横顔のシルエットを描いたアンティークプリント。木製の額は茶と緑のツートンの美しいデザインで、厚みが4cmと立体感があります。これは2枚組のセットの1枚で、こちらの人物は角張った額と鼻に特徴があり、もう一人は丸い鼻と顎に特徴があります。2枚並べて飾るとより一層インパクトがあります。書斎やオフィスなどに格調を与えてくれるはずです。店舗のディスプレイなどにもおすすめです。

17世紀の貴族の間では、家族や愛人のミニチュアの肖像画を主に象牙にペイントしたペンダントが流行しました。18世紀になると、もっと簡易で安く作成できる、黒の絵の具で手描きや黒いカットペーパーのシルエット画が一般庶民の間で流行りました。このシルエット画はすぐに貴族の間にも広まり、家族や愛人以外にも著名な人物の肖像画なども数多く作成されました。シルエット画は、影絵のように暗い部屋に人物をろうそくの灯りで照らし、紙にシルエットを写し取るという手法が一般的で、主婦によって手作りされることも、シルエット画専門のアーティストに作成されることもありました。18世紀フランスの画家、Auguste Edouartは繊細な全身のシルエット画で知られています。

このプリントは上部に番号が印刷されているため、3部からなるシルエットポートレートの画集から抜粋されたものと思われます。髪型から察すると、18世紀後半の人物のようですが詳細は分かりません。版のシルエット部分は細かいクロスハッチ、枠の内側は細かい横線の模様になっていて、細部までディテールが楽しめます。クリーム色の紙は古いものですが、とても良いコンディションです。額の裏紙ははずされています。額自体は頑丈な造りで、角などに経年による擦りキズが多少ありますが、非常に良いアンティークコンディションです。

Size
外寸 幅x高さx奥行 32cm x 37cm x 4cm
内寸 幅x高さ 22.3cm x 27.3cm
マットの窓枠 幅x高さ 12.5cm x 17cm